実験動物科学 その多様性と調和

The 65th Annual Meeting of Japanese Association for Laboratory Animal Science 第65回日本実験動物学会総会

ホーム > プログラム
プログラム

以下のプログラム(案)は暫定的なものであり、今後変更の可能性があります。随時、確認してください。

特別講演

テーマ:「動物行動の多様性」

講演:菊水健史(麻布大学)

教育講演1

テーマ:「富山の薬売りの歴史(仮)」

講演:塩井保彦(株式会社広貫堂代表取締役社長、富山県薬業連合会副会長)

教育講演2

テーマ:「韓国の実験動物関連法規(仮)」

講演:朴 在鶴(ソウル大学獣医学部、韓国獣医学会会長)

教育セミナー

テーマ:「科学研究費の最近の動向(仮)」

講演:未定

シンポジウム1(新学術領域研究「温度生物学」との共催)

テーマ:「温度生物学(仮)」

オーガナイザー:富永真琴(岡崎統合バイオサイエンスセンター)、中村和弘(名古屋大学)

シンポジウム2(JALAS感染症対策委員会企画)

「実験動物ブリーダーにおける微生物学的品質管理(仮)」

オーガナイザー:丸山 滋(日本チャールス・リバー)、後藤貴之(日本クレア)

シンポジウム3(富山大学和漢医薬学総合研究所との共催)

「和漢医薬学と動物実験:新しい治療法開発に向けた“くすり”と“生体”の研究(仮)」

オーガナイザー:高雄啓三(富山大学)、東田千尋(富山大学)

シンポジウム4(JALAS学術集会委員会企画)

テーマ:「健康長寿をめざした老化研究の推進」

オーガナイザー:若菜茂晴(理研BRC)、森 政之(信州大学)

シンポジウム5(金沢大学がん進展制御研究所との共催)

「がん研究から治療・予防へ」

オーガナイザー:大島正伸(金沢大学)、橋本憲佳(金沢大学)

シンポジウム6(日本実験動物技術者協会との共催)

「動物実験、一般市民の声を聴く~3,000人の市民意識調査の結果より~(仮)」

オーガナイザー:坂本雄二(千寿製薬)、笠井憲雪(東北大学)

シンポジウム7(JALAS動物福祉・倫理委員会企画)

テーマ:「改訂版飼養保管基準解説書に基づく飼養保管基準の解説」(仮)

オーガナイザー:八神健一(筑波大学)、大和田一雄(ふくしま医療機器産業推進機構)

LASセミナー(教育研修委員会企画)

テーマ:「動物由来のヒト臓器ー現状と未来」

オーガナイザー:佐々木えりか(実験動物中央研究所)、三浦竜一(東京大学)

テーマ:「動物実験統計学の実際」

オーガナイザー:三好一郎(東北大学)、髙橋英機(理研)

テーマ:「動物実験基礎」

オーガナイザー:高井 了(中外製薬)、田畑一樹(日本チャールス・リバー)